クレアギニンEX

頻尿と腎臓病

「トイレが不安で友達と旅行に行けない」
「最近、しょっちゅうお手洗いへ行っているような気がする」
「きちんと眠りたいのに、夜中に何度もトイレに起きるせいで眠りが浅い」

このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。もしかしたら、貴方は「頻尿」かも知れません。

頻尿の女性

何回トイレへ行けば「頻尿」?

頻尿とは、何度も尿をしたくなる、排尿の回数が多いという症状をいいます。では、1日にどのくらいの回数、尿をしたくなれば「頻尿」といえるのでしょうか?

日本泌尿器科学会では、一般的に朝起きてから夜眠るまでの排尿の回数が8回以上であれば、夜間頻尿と説明しています。

「尿が近い、尿の回数が多い」という症状を頻尿といいます。一般的には、朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。

しかし、1日の排尿回数は人によって様々ですので、一概に1日に何回以上の排尿回数が異常とはいえず、8回以下の排尿回数でも、自身で排尿回数が多いと感じる場合には頻尿といえます。

尿が近いといっても、原因は多彩で、また病気に関係することもあります。原因を明らかにして、原因に応じた適切な治療や対処をする必要があります。

引用元: 日本泌尿器科学会~頻尿

ただ、口にした飲食物の量や種類、気温の高低などによっても排尿の回数は変わりますので、あくまでも8回というのは目安です。

ご自身が継続的なお手洗いの近さを感じられたなら、それは「頻尿」といえます。

クレアギニンEX購入

腎臓病による腎機能の低下と頻尿

頻尿の原因は食べ飲み過ぎ、身体の冷えといった一過性のものから、腎臓や膀胱の不具合に至るまで、様々にあります。

中でも気をつけるべきは腎臓病です。腎臓病によって腎機能が低下することで、頻尿を始めとする多くの症状が表れるのです。

腎臓には、以下のような3つの重要な機能があります。

血液や骨を作る

腎臓から分泌されるエリスロポエチンというホルモンの作用により、血液が作り出されます。

また、腎臓は活性型ビタミンDという成分を生み出します。これはカルシウムの吸収に必要なものです。

血圧や体液量・成分量の調整

体内の水分と塩分の量によって、血圧は変化します。水分と塩分を体外へ出せば出すほど血圧は下がりますし、逆にそれらが体内に多いほど血圧は上がるのです。

腎臓は水分と塩分の排出量を調整することによって、血圧を一定に保ちます。 さらに、体液の量やイオン、ミネラルといった成分の量も調整することで、体調を整えます。

老廃物の排出

腎臓の働きのうち、頻尿に関して重要なのは、体内の塩分や老廃物を尿として排出するという機能です。

腎臓には「糸球体」と「尿細管」とで形作られるネフロンという単位があり、これによって血液をろ過し、必要な成分の再吸収と不要物の排出を行っています。

腎臓病によって腎機能が低下すると、塩分や老廃物がこし取られにくくなるため、尿が薄くなります。

しかし、塩分や老廃物は一定の量を排出しなければならないので、身体は尿の多さでカバーしようとするのです。これが腎臓病によって頻尿となる理由です。

クレアチニンと頻尿

健康診断では、採血が行われます。血液中の成分を検査することで、腎臓病だけではなく多くのことがわかるからです。腎機能に関するデータとしては、もっぱら尿素窒素とクレアチニンが挙げられます。

血液検査によってわかること

尿素窒素

肝臓によって、人体に有毒なアンモニアが無害な尿素窒素へと変えられます。腎臓はこれを尿として体外へと排出するわけですが、腎臓の働きが衰えていると血液中に残留してしまうので、尿素窒素の数値が高くなるのです。

クレアチニン

筋肉中にはクレアチン (creatine)という、身体のエネルギーを生み出すために必要な物質があります。

このクレアチンが代謝されることで生じるのがクレアチニン(creatinine)で、身体にとっては不要なため、糸球体でろ過されて尿として排出されます。

尿素窒素やクレアチニンは、高すぎても低すぎても異常と診断されます。特に数値が高すぎる場合は腎臓の機能が低下していると考えられるため、腎不全などの腎臓病が疑われるのです。

血中の成分と基準値

尿素窒素やクレアチニンの数値が正常かどうかは、基準値内に収まっているかどうかで判断されます。

基準値は、尿素窒素が8.0~20.0(mg/dL)であり、クレアチニンが男性0.65~1.09、女性0.46~0.82(mg/dL)となっています。

尿素窒素であれば20.0を超えている場合、クレアチニンであれば男性が1.00、女性が0.75を超えている場合に、それぞれ腎臓病や腎機能の低下が疑われます。

では、クレアチニン値などが基準値の上限に近く、頻尿などの症状に悩まされている場合、どうすればよいのでしょうか。

頻尿の改善・クレアチニンを下げるために

クレアギニンEX購入バナー

生活習慣の見直し

腎機能の低下の原因として大きなものは、腎臓への過大な負担です。腎臓は血圧などの調整や老廃物などのろ過、排出という機能を有しています。

そのため血圧を上昇させる塩分の摂取や飲酒、喫煙、そして老廃物を生み出すタンパク質の摂取はなるべく控えるべきといえます。

また、睡眠不足や運動不足も腎機能に悪影響を及ぼし、腎臓病となりかねないので、やはり注意が必要です。

ただ、仕事や人付き合いなどに追われ、なかなか食生活を全面的に見直すのは難しいという方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、既に腎臓病の予備軍となっており、タンパク質やカリウムなどの制限をしているが、それだけでは不安だという方もいらっしゃるかも知れません。

そこで、腎臓病もしくはその予備軍の方に注目していただきたいのが、腎臓を労る成分の含まれたサプリメントを摂るという方法です。

腎臓病への対策としてのサプリメント

健康成分配合のクレアギニンEX

腎臓病とまではいかずとも、腎機能の低下した方へ向けたサプリメントは様々にありますが、とりわけ着目したいのがクレアギニンEX。

健康によいとされる成分を合計で29種類配合しているクレアギニンEXは、身体の悩みを解消するためのサポートをしてくれます。

以下は、クレアギニンEXに含有されている主要な健康成分です。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシとは北米の南部に自生するハーブで、ノコギリパルメットとも呼ばれます。

脂肪酸や植物ステロールが豊富に含まれ、前立腺肥大への効果の他に、5αリダクターゼを抑制し、クレアチニン値を改善する作用があるとされています。

クレアギニンEXには、このノコギリヤシから抽出されたエキスを1粒あたり200mg配合しており、十分に摂取できます。

ペポカボチャ

ペポカボチャとはいわゆる普通のカボチャではなく、おもちゃカボチャとも呼ばれる園芸作物を指します。どんぐりカボチャやズッキーニなどもペポカボチャに含まれます。

ペポカボチャの種にはβカロチンや各種ビタミン、ミネラルの他、頻尿や尿漏れにも効果を示すリグナンという成分が含まれています。

クレアギニンEXには、ペポカボチャ種子のエキスが含有されてお
り、頻繁にお手洗いへ行くという悩みをお持ちの方にも適しています。

L-シトルリン

L-シトルリンとは西瓜の果汁に含まれるアミノ酸をいい、その西瓜の学名であるシトルラス(Citrullus)に因んで名付けられました。

L-シトルリンには血管の拡張作用があり、体内の血液の循環をスムーズにするという効果があります。

クレアギニンEXはこのL-シトルリンを配合することで血圧を調整する腎臓の負担を軽減し、より健康的な生活を送れるようなサポートをします。

トコフェロール

トコフェロール(tocopherol)とはビタミンEの別名であり、α・β・γ・δという4つの種類があります。

このうちγ-トコフェロールは大豆などに含まれ、腎機能の改善や、ナトリウムのバランス調整、クレアチニン値の低下といった作用が期待されるものです。

クレアギニンEXにはγ-トコフェロールが含まれており、体内の成分バランスを整えることで腎臓の働きをフォローしていきます。

クレアギニンEXのその他の健康成分

クレアギニンEXには他にも必須アミノ酸を潤沢に含むしじみエキス、漢方としても知られている高麗人参や冬虫夏草、滋養強壮にも役立つスッポンやマカなど、29種類の健康成分がバランスよく配合されています。

これらの成分を、腎臓病などによって食事制限下にある方が万遍なく摂取するのは非常に困難といえるでしょう。

クレアギニンEXにはそのような困難さを解消し、手軽に栄養を摂りつつ、腎機能をサポートする健康成分まで補給できるという特長があります。

クレアギニンEXの入手方法

クレアギニンEXの基本情報

腎臓病患者の方や腎臓病予備軍の方にも配慮され、様々な健康成分の含まれたクレアギニンEX。その基本情報についてまとめました。

原材料の一覧

ノコギリヤシエキス・オリーブ油・カボチャ種子油・しじみエキス・スピルリナ・カキエキス・L-シトルリン・ニンニク・スッポンオイル・プラセンタエキス・マカエキス・ヘマトコッカス藻色素・金時ショウガ・オタネニンジン・冬虫夏草エキス・植物発酵エキス
パイナップル加工品・ウコン・ギムネマエキス・桑葉・長命草・黒酢エキス・昆布フコイダン・ヒハツエキス・ゼラチン・グリセリン・γ-トコフェロール・ミツロウ・乳化剤
(原材料の一部にオレンジ・キウイフルーツ・バナナ・リンゴ・大豆・ごま・カシューナッツを含む)

クレアギニンEXの内容量

1箱60粒(1日の目安量2粒)
約1ヶ月分

クレアギニンEXの形状

クレアギニンEXは個包装のソフトカプセルタイプ。 空気に触れさせないことでフレッシュさを保ちます。

クレアギニンEXの飲み方

水またはぬるま湯と共にクレアギニンEXを1~2粒ほど飲みましょう。

クレアギニンEXの価格

通常価格:6,300円(税別) 送料・手数料別
期間限定キャンペーン価格:
初回 1,980円(税別) 送料・手数料無料  1日あたり約66円
2回目以降 4,980円(税別)

クレアギニンEXの期間限定キャンペーンは、毎月先着300名の限定価格。

初回に限り通常価格から70%割引となり、2回目以降も20%割引。加えて送料と手数料も無料となります。

このキャンペーンは毎月お届け便となるため、原則として定期便となります。

ただし、2回目以降は発送の10日前までに連絡を入れればいつでも変更・休止が可能とのことです。

クレアギニンEXの口コミ

60代男性
60代男性

中年以降、お守りのようにクレアギニンEXを飲んでいます。 何よりいちいち何度もトイレに行かずに済むのがありがたいですね。まだクレアチニンの数値も高いので、腎臓の健康のためにも飲み続けたいと思います。

40代女性
40代女性

かつては別のサプリメントを飲んでいたのですが、思うような効果が表れませんでした。 ある日、クレアギニンEXを知り、お試しで飲むことにしてみました。
それから頻尿が前よりも改善されつつあり、映画館でも気兼ねなく映画を観ることができるようになりました。非常に嬉しいですね♪

クレアギニンEXのまとめ

腎臓病は慢性的なものであれば完治しないことも多く、頻尿や目まいといった症状に悩まされる方も少なくありません。 なによりも腎臓病で辛いのは、食事制限だという方もいらっしゃいます。

そうした中で、腎臓の機能をサポートしてくれる効果の期待できるクレアギニンEXを飲むことにより、健康な日々を過ごせるようになれば嬉しいですよね。

頻尿やクレアチニンなどの数値でお悩みの方は、クレアギニンEXを一度試してみてはいかがでしょうか。

クレアギニンEXを手に持つ女性

腎臓病とクレアギニンEXのコラム

腎臓の負担を軽減するためには、クレアギニンEXすることが重要です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべくクレアギニンEXを選びましょう。

煮物や汁物などには、天然だしの使用を御勧めします。天然の味をおいしく食べることができます。たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があるのです。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販でも購入できるクレアギニンEXがあるのです。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて下さい。

腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせることができるようになりました。

病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種多彩な治療法も増えているので、各々の条件に適した最新の治療が期待できます。

腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断をうけ、普段からマイペースなリズムで生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)することによって健康な人と同じように生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)することが可能です。

けれども、ある腎臓病に関しては日常に支障をきたさないものもあるため、予防がナカナカ難しいのも現実です。一例としては、いつ持とは違う尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。私立ちの腎臓はソラマメに似た形をしておりどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿といっしょに排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、また、赤血球を作り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど重要な役割を担っています。

CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。クレアギニンEXと蛋白制限がご飯療法の要となり、クレアギニンEXは高血圧治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。

CKDステージ3においてはクレアギニンEX6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

濃縮加工したクレアギニンEXは、生野菜や素のままの果物にくらべてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、常日頃からクレアギニンEXを好んで摂っていると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があるのです。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎臓の機能回復が期待できます。

反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。

背中に二つ存在する腎臓で尿が造られ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の管理だったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが重要ですが、毎日のご飯や生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)習慣を改めることの方が重要です。