ダイアリー」カテゴリーアーカイブ

腎臓にはたんぱく質が老廃物に変わり血液中に残留します

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明確に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウム(肥料としてもよく使われています)を排泄する働きが低下していき、排泄能力を補うためにカリウム(肥料としてもよく使われています)の摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウム(肥料としてもよく使われています)の量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や生の果物と違って大概はカリウム(肥料としてもよく使われています)含有量が非常に高いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに高カリウム(肥料としてもよく使われています)血症の症状が顕れるおそれがあります。。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多くふくまれています。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して造られているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質がふくまれている訳です。カリウム(肥料としてもよく使われています)は水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事によって取り除けるカリウム(肥料としてもよく使われています)の分量は、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行なう事で、カリウム(肥料としてもよく使われています)は減らしていけます。食事で摂取し立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に流れて分離された末、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、不足しないように補給する必要があります。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する色々な工夫について知ることが出来ます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿をつくり体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。人体に必要な3大栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるので、排泄時に腎臓に負荷が及びます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で言えば30~40gに相当します。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大切です。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされているのですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多数存在します。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康体のキープとされます。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を手掛ける事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必要不可欠です。一日の食事の種類や量についてや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、或は食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。もっと詳しく⇒腎臓病食 宅配 口コミ

クレアチニンとクレアチンとクレアギニンEX

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。このようなご飯療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。仮に開業医さんにご飯指導をうけ付けて貰えなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓の負担を軽減するためには、クレアギニンEXすることが重要です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべくクレアギニンEXを選びましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用を御勧めします。天然の味をおいしく食べることができます。たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があるのです。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販でも購入できるクレアギニンEXがあるのです。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて下さい。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせることができるようになりました。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種多彩な治療法も増えているので、各々の条件に適した最新の治療が期待できます。腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断をうけ、普段からマイペースなリズムで生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)することによって健康な人と同じように生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)することが可能です。けれども、ある腎臓病に関しては日常に支障をきたさないものもあるため、予防がナカナカ難しいのも現実です。一例としては、いつ持とは違う尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。私立ちの腎臓はソラマメに似た形をしておりどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿といっしょに排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、また、赤血球を作り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど重要な役割を担っています。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。クレアギニンEXと蛋白制限がご飯療法の要となり、クレアギニンEX食は高血圧治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においてはクレアギニンEX6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。濃縮加工したクレアギニンEXは、生野菜や素のままの果物にくらべてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、常日頃からクレアギニンEXを好んで摂っていると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があるのです。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎臓の機能回復が期待できます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が造られ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の管理だったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが重要ですが、毎日のご飯や生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)習慣を改めることの方が重要です。